コンテンツにスキップする

仏ニースの教会を刃物を持った男が襲撃、3人死亡し負傷者も複数

フランス南部のニースで29日、刃物を持った男がノートルダム教会を襲撃し3人を殺害、数人にけがを負わせた。マクロン大統領はイスラム過激派に対し、断固として立ち向かう姿勢を示した。

  現地入りしたマクロン大統領は「フランスへの攻撃であることは明らかだ」と述べ、「われわれが屈することはない」と表明した。

  ニースのエストロジ市長のツイッターによると、現地時間29日午前9時ごろに教会内で女性1人が首を切りつけられて死亡したとみられるが、他の2人の死亡について詳細は明らかにされていない。警察は容疑者を拘束したという。

  フランス国内ではこの日、刃物を使った襲撃事件が少なくとも2件発生しており、サウジアラビアのジッダにあるフランス総領事館外でも警備員が鋭利な物体によって襲われた。マクロン大統領はいずれもニースの襲撃と関連があるとみている。

原題:France Vows to Stand Firm After Three People Slain in Nice (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE