コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、資産運用部門でファンド閉鎖-人員削減

  • 最近のボラティリティーに一部ファンドは苦戦していた-CFO
  • 資産運用部門の売却や合併、当面はない-ゴットシュタインCEO

クレディ・スイス・グループは、代替資産投資事業で複数のファンドを閉鎖し、従業員を削減する。新型コロナウイルス危機によるボラティリティーで、幾つかの戦略が苦戦しているという。

  同行はクオンツファンドの一つを閉鎖するとともに、米不動産ファンドで2400万スイス・フラン(約27億4000万円)の損失を計上する。デービッド・マザーズ最高財務責任者(CFO)が29日のインタビューで明らかにした。ファンド名や人員削減規模の詳細についてはコメントを控えた。

  資産運用会社はパンデミックの中で厳しい市場環境に直面。閉鎖するファンドも多い。

  マザーズCFOは29日、「これらのファンドは現在の環境の中で苦戦していた。新型コロナに伴うボラティリティーで戦略が成功しなかった」と説明した。クレジット事業は順調で、問題なのは幾つかの小規模なファンドだと付け加えた。

  トマス・ゴットシュタイン最高経営責任者(CEO)は9月、資産運用部門について向こう12カ月に戦略的見直しを計画していると述べていた。この日は、部門の売却や合併の可能性は当面ないと言明した。

クレディS、最大15億フラン自社株買いへ-7~9月利益予想以下

原題:
Credit Suisse Shutters Funds, Begins Layoffs in Asset Management(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE