コンテンツにスキップする

10月のユーロ圏景況感、改善止まる-ロックダウン再導入前すでに失速

ユーロ圏の10月の景況感指数は前月から変わらなかった。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う新たな制限措置が講じられる以前に景況感の改善は止まった。厳しい制限措置の再導入で、域内経済はリセッション(景気後退)に逆戻りする恐れが高まっている。

  欧州委員会が発表した10月のユーロ圏景況感指数は90.9。それまでは5カ月連続で上昇していた。項目別ではサービス業景況感や消費者信頼感が後退した。製造業や小売業、建設は改善を継続した。

  ユーロ圏の広範な地域で部分的なロックダウン措置が取られており、今後数週間で見通しが悪化する可能性は高い。

原題:Recovery in Euro-Area Confidence Ebbs Even Before New Lockdowns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE