コンテンツにスキップする

英国でロックダウン求める声高まる、新型コロナ感染は9日ごとに倍増

  • 実効再生産数は1.6と、前回調査結果の1.2から上昇
  • まるで手の付けられない火事、政府の火消しはバケツの水-専門家
Pedestrians wear protective face masks as they walk past shops on Market Street in Manchester, U.K., on Friday, Oct. 16, 2020. 

Pedestrians wear protective face masks as they walk past shops on Market Street in Manchester, U.K., on Friday, Oct. 16, 2020. 

Photographer: Anthony Devlin/Bloomberg
Pedestrians wear protective face masks as they walk past shops on Market Street in Manchester, U.K., on Friday, Oct. 16, 2020. 
Photographer: Anthony Devlin/Bloomberg

英国の新型コロナウイルス感染再拡大を受け、ジョンソン首相に全国的なロックダウン(都市封鎖)の再導入を求める声が強まっている。科学者らはイングランドの新型コロナ対策が感染拡大を抑え込めていないと警告する。

  英国で最大規模の新型コロナ調査を実施しているイプソス・モリとインペリアル・カレッジ・ロンドンの最新調査結果によると、新型コロナの感染者数は9日ごとに倍増しており、イングランドにおける1日当たりの感染者数は96万人と推計された。1人の感染者が何人にうつすかを示す実効再生産数は1.6と、前回調査結果が発表された10月9日の1.2から上昇した。

  新型コロナによる死亡者数も再び増加しており、さらに厳しい社会的な制限措置を講じるようジョンソン首相に圧力がかかっている。

  ジョンソン首相はこれまでのところ2度目の全国的なロックダウンには反対しており、地域ごとの対応策を進めている。しかし政府の緊急科学諮問会議(SAGE)のメンバーらはより厳しい対策が必要だと主張する。

  SAGEメンバーでロンドン大学ユニバーシティ・カレッジのスーザン・ミッキー教授(健康心理学)はツイッターで、「まるで手の付けられない火事の中を生き抜こうとしているようなものだ。政府は消防車を使わず水を張ったバケツで消火活動をしている」と述べた。

原題:Lockdown Calls Grow in England as Virus at ‘Critical Stage’ (2)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE