コンテンツにスキップする

スタンダードチャータード、7-9月利益が予想上回る-貸倒損失減少

スタンダードチャータードが29日発表した7-9月(第3四半期)決算では、調整後税引き前利益が前年同期比40%減少した。ただ、貸倒損失の減少とアジア主要市場の回復に支えられ、利益は予想より良かった。

  7-9月の調整後税引き前利益は7億4500万ドル(約777億8000万円)と5億200万ドルの予想を上回った。同行の業績がアナリスト予想から上振れするのは、3四半期連続だ。

  ウォール街の金融機関と同様に市場のボラティリティーの高まりが投資銀行業務の利益を押し上げた。

  ビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「当行のトランスフォーメーションがマクロ経済の嵐をうまく乗り切ることを可能にしている。ウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)とファイナンシャルマーケッツ部門に良いモメンタムがあり、イノベーション費用は抑制されており、貸倒損失への備えも十分と確信している」と説明した。

原題:Standard Chartered Profit Beats Estimates on Lower Loan Losses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE