コンテンツにスキップする

ギリアドの7-9月期、レムデシビル売上高が市場予想上回る

  • レムデシビル初回150万回分の無償供与完了後で最初の売上期間
  • 通期1株利益見通し上限を6.60ドルと、従来の7.65ドルから引き下げ

ギリアド・サイエンシズが28日発表した7-9月(第3四半期)決算で新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬「ベクルリー」(一般名レムデシビル)の売上高は8億7300万ドル(約910億円)となり、アナリスト予想を上回った。同社は同製品について商業ベースでの販売に移行している。

  • ギリアドが7月にレムデシビルの初回150万回分の無償供与を完了してから最初の売上期間となるため、この数字は注目されていた。同社は通期1株利益見通しの上限を6.60ドルと、従来の7.65ドルから引き下げた
  • 抗エイズウイルス(HIV)薬の売上高は45億ドル。前年同期は42億ドルだった。このうち「ビクタルビ」は18億9000万ドル。市場予想は17億7000万ドル
  • C型肝炎治療薬の売り上げは低調で、前年同期比31%減の4億6400万ドル
  • ギリアドの株価は時間外取引で一時1.8%安

原題:
Gilead’s Coronavirus Therapy Remdesivir Beats Sales Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE