コンテンツにスキップする

「キツネ狩り作戦」従事、米司法省が中国工作員8人を訴追

米司法省は28日、米国内で違法な法執行活動に従事した罪で、中国の工作員8人を訴追したと発表した。

  司法省のジョン・デマーズ次官補(国家安全保障担当)は、この工作員らが中国政府のエージェントとして「キツネ狩り作戦」を行っていたと記者団に述べた。同作戦は、海外に逃亡した中国の反体制派などを探し出して連れ戻す中国当局による活動を指す。8人のうち5人は米国で逮捕されたという。

  デマーズ次官補は「この日の訴追により、われわれは中国のキツネ狩り作戦の試みを覆した。狩りをする側がされる側となり、追っ手が追われる側になった」と発言。「米国が自国内におけるこの種の目に余る行為を容認することはないという明確なメッセージだ」と述べた。

Department Of Justice Holds News Conference On Chinese National Security

記者会見を行うジョン・デマーズ司法次官補、隣はレイFBI長官 10月28日

Photographer: Sarah Silbiger/Getty Images/Bloomberg

  今回の件について中国大使館に電子メールでコメントを求めたが、これまでに返答はない。

  会見に同席したレイ連邦捜査局(FBI)長官によると、キツネ狩り作戦で狙われたある被害者は中国に戻るか自殺するかの選択を迫られたという。

  米当局は同作戦について、反体制派や中国当局に批判的な人たちを抑圧するための「不正な法執行」だと以前から警告を発してきた。

原題:DOJ Charges 8 Chinese for Efforts to Track and Corral Dissidents(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE