コンテンツにスキップする

ドイツ、全国ロックダウン以来最も厳しい規制導入へ-飲食店など閉鎖

  • 1カ月の部分的ロックダウン、来月2日から開始へ
  • 現在の傾向が続けば、数週間以内に医療崩壊も-メルケル首相
Plates on a vacant restaurant terrace table in the Neukoelln district of Berlin, Germany, on Thursday, Oct. 22, 2020. 

Plates on a vacant restaurant terrace table in the Neukoelln district of Berlin, Germany, on Thursday, Oct. 22, 2020. 

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg
Plates on a vacant restaurant terrace table in the Neukoelln district of Berlin, Germany, on Thursday, Oct. 22, 2020. 
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ドイツのメルケル首相は、今春実施した全国的なロックダウン(都市封鎖)以来最も厳しい規制措置を導入する。新型コロナウイルスの感染急拡大を再び抑制するため、バーやレストランの閉鎖に踏み切る。

  メルケル首相は28日、16州の知事との協議後に記者会見を開き、11月2日から1カ月にわたり一部経済活動の停止措置を講じると表明。大半の事業は業務を継続できるよう意図されていると、首相は説明した。同措置の影響を見極めるため、当局者らは2週間後に再度協議する。

  ベルリンでの記者会見でメルケル首相は「全国的な公衆衛生の緊急事態に陥ることは避けたい」と言明。現在の傾向が続けば数週間以内に医療崩壊が起こり得るとも述べた。

  今回の規制措置ではバーやレストラン、娯楽施設の閉鎖を求めている。また国民に対し、社会的な接触を必要最小限にとどめ、不要不急の旅行は避けるよう呼び掛けている。

原題:Merkel Imposes Toughest German Restrictions Since Lockdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE