コンテンツにスキップする

VIXが急上昇、6月以来の高水準-米選挙前に新型コロナ感染急増

  • 記録的な感染者数や欧州のロックダウンでリセッション深刻化懸念
  • 選挙の後も市場に多くの不確実性-TIAAバンクのギャフニー氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

大統領選挙が数日後に迫る米国で新型コロナウイルス感染が急増したのを受け、金融市場でボラティリティー(変動性)が急上昇した。

  米株式市場の不安感の指標とされるシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数(VIX)は28日、6月半ば以来の高水準を付けた。記録的な感染者数や欧州でのロックダウン(都市封鎖)措置強化、米国の労働市場の回復鈍化でリセッション(景気後退)が深刻化するとの懸念が再燃した。米選挙まで1週間足らずとなる中、既に市場の緊張は高まっている。

  TIAAバンクの世界市場担当プレジデント、クリス・ギャフニー氏は「市場はここしばらく不安定な状況にあり、ワクチンが幅広く供給され新型コロナ感染を乗り越えることができるまでは、不安定さは続くと思う」とコメント。「感染が再拡大するたびに、追加の行動制限を目にすることになり、人々の支出に影響する」と指摘した。

  株価急落でS&P500種株価指数は3.5%の大幅安となり、予想変動率を示すVIXは40を上回った。ハイテク株の比重が大きいナスダック100指数のインプライド・ボラティリティーの指標、CBOE・NDXボラティリティー指数は4月以来の高水準に上昇した。

VIX climbs to highest level since June

  今週初めには選挙後の落ち着きに賭ける動きも増えたものの、米国で再びロックダウンが実施される可能性から来週の選挙の後もボラティリティーは高止まりする可能性がある。ギャフニー氏は「選挙日を通過したという理由だけでは、ボラティリティーが取り除かれるとは思わない。選挙日の後も市場に多くの不確実性がある」と指摘した。

原題:
VIX Spikes to Highest Since June With Economy Threat Growing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE