コンテンツにスキップする

マスターカード決算は減収、利益は予想下回る-国外渡航の減少響く

米決済処理ネットワーク大手マスターカードの7-9月(第3四半期)決算は減収となり、利益はアナリスト予想を下回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収束せず、消費者の国外渡航が大きく落ち込んだことが響いた。

  • 世界各地でロックダウン(都市封鎖)解除が進み、カード利用額は改善してきている一方、多くの消費者はなお国外での旅行や支出を避けている。マスターカードにとって、消費者の国外利用は最も大きな収入源の一つ。国外で利用した際の手数料は前年同期比48%減と、アナリスト予想(44%減)を上回る落ち込みとなった

インサイト

  • 顧客のデビットカード利用は13%増と好調で、アナリスト予想も上回った。クレジットカード利用の落ち込みを一部補った
  • マスターカードは同社ネットワークの利用促進を狙った金融機関や小売業者への奨励金として21億ドル(約2200億円)を引き当てた。引当額は前年同期とほぼ変わらず

MA:3Q調整後1株利益、市場予想下回る:スナップショット

原題:Mastercard Revenue Misses Estimates on Foreign Travel Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE