コンテンツにスキップする

WTO事務局長選出、米が最有力候補に反対-難航の可能性

更新日時
  • ナイジェリア出身オコンジョイウェアラ氏が多数の支持確保
  • 米国は韓国通商交渉本部長の兪明希氏に支持表明

世界貿易機関(WTO)の事務局長選を巡り、トランプ米政権が28日、最有力候補である元ナイジェリア財務相のヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏に反対する方針を示したことを受け、選出が難航する可能性が出てきた。

WTO委員会、次期事務局長にナイジェリア候補を推薦-関係者

  WTOのキース・ロックウェル報道官によると、シェイ米通商代表部(USTR)次席代表は対立候補である韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長を支持するとし、多数が推すオコンジョイウェアラ氏の選出には同意しないと表明した。

  USTRは声明で兪氏について、「25年に及ぶキャリアで貿易交渉の責任者および政策立案者として成果を収め、目覚ましい活躍を遂げた人物で、真の実力を備えた貿易の専門家だ」と説明。WTOには大規模な改革が必要で、実務経験を持つ人物が改革を主導しなければならないと強調した。

  WTOの決定には加盟164カ国・地域による全会一致の承認が必要で、特にオコンジョイウェアラ氏に反対しているのが世界最大の経済大国である米国ため、次期事務局長の選出は膠着状態に陥いる可能性がある。同氏は2019年に米国籍を取得している。

  WTOでは11月9日に一般理事会が開かれる予定で、オコンジョイウェアラ氏の報道官は、その際に選出委員会から推薦されることを同氏は楽しみにしていると指摘した。兪氏にコメントを求めたが返答はなかった。USTRからも返答は得られていない。

SWITZERLAND-WTO-TRADE-DIPLOMACY

オコンジョイウェアラ氏

写真家:ゲッティイメージズ経由のFabrice Coffrini / AFP

原題:U.S. Sows WTO Turmoil by Vetoing Front-Runner for Top Job (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE