コンテンツにスキップする

フィラデルフィアに州兵派遣、黒人男性射殺でデモ隊が警察と衝突

  • 州知事が州兵派遣-フィラデルフィア・インクワイヤラー
  • ペンシルベニア州は大統領選の激戦州の一つ

米ペンシルベニア州のウルフ知事は27日、フィラデルフィア市に州兵を派遣した。フィラデルフィア・インクワイヤラー紙が報じた。同市では26日、黒人男性が警官に撃たれて死亡したことを巡る抗議活動でデモ隊と警察が衝突した。ペンシルベニア州は来週の米大統領選の結果を左右すると見られる激戦州の一つ。

  警察は死亡したウォルター・ウォレスさん(27)がナイフで武装していたと説明。AP通信は家族が精神疾患のウォレスさんを助けるために救急車を呼び、警察の介入は求めていないと話したと、家族の弁護士を引用して伝えた。

Philadelphia shooting police

デモ隊と警察が衝突(フィラデルフィア市、10月26日)

写真家:ジェシカ・グリフィン/ AP経由のフィラデルフィアインクワイアラー

  ニューヨーク・タイムズが警察の報道官を引用して報じたところによると、26日夜のデモで警官30人が投石などで負傷し治療を受けた。

原題:
National Guard Sent to Philadelphia After Shooting: Protest Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE