コンテンツにスキップする

ソフトバンクとKDDIが新料金-「UQモバイル」の20ギガ3980円など

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ソフトバンクとKDDIは28日、傘下格安携帯電話会社の各ブランドで、低廉料金と位置づける新プランをそろって発表した。ともにデータ容量は20ギガバイトで、KDDIは「UQモバイル」から月3980円、ソフトバンクは「ワイモバイル」から月4480円の料金をそれぞれ始める。

  発表文でKDDIは、顧客の需要、市場環境、政府の要請を踏まえ、国際的に比較して「遜色のない」料金水準だと強調。ソフトバンクも料金低廉化努力の一貫だと説明した。

  新料金の提供は、ソフトバンクが12月下旬、KDDIが2021年2月以降を予定している。

関連記事:総務省が携帯料金値下げ狙い行動計画発表、競争促進や乗り換え円滑化

関連記事:楽天株が1年3カ月ぶり高値、業界最安の5Gプランが好評価 (1)

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE