コンテンツにスキップする

熱帯性暴風雨「ゼータ」、ルイジアナ州上陸へ-ハリケーン化の予想

  • 今後24時間以内に「カテゴリー1」のハリケーンになると予想される
  • シェブロンやBPなどのメキシコ湾岸施設からは作業員が避難

ユカタン半島を横断した後にメキシコ湾内に進んだ熱帯性暴風雨「ゼータ」は、28日に米ルイジアナ州への上陸が予想されている。上陸すれば10億ドル(約1050億円)規模の被害をもたらす恐れがある。

  ゼータは27日の大半を通じ、風速で時速65マイル(約105キロメートル)の勢力を保った。米国立ハリケーンセンター(NHC)の予想では、今後24時間以内に少なくとも時速80マイルに強まる可能性がある。そうなれば、5段階で一番下の「カテゴリー1」のハリケーンとなる。

  同センターの気象学者リチャード・パッシュ氏は「28日遅くまでに、湾岸北部の一部で生命を脅かすほどの高潮が予想される」と述べた。

Hurricane Zeta

  シェブロンやBPエンブリッジなどのエネルギー各社はメキシコ湾岸施設から作業員を避難させている。米内務省の安全環境執行局(BSEE)によると、石油生産の49%余り、沖合天然ガスの55%が操業を停止している。

relates to 熱帯性暴風雨「ゼータ」、ルイジアナ州上陸へ-ハリケーン化の予想

熱帯性暴風雨「ゼータ」の画像(26日)

出典:CIRA / RAMMB

原題:Zeta Is Set to Be Fifth Storm to Wallop Louisiana This Year (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE