コンテンツにスキップする

バイデン氏勝利示唆する世論調査、ウォール街アナリストからは慎重論

米大統領選の世論調査で数カ月にわたり優勢となっている民主党候補のバイデン前副大統領が、本選でトランプ大統領に勝利すると想定することについて、ウォール街の金融機関から慎重な見方が出ている。

  ウェルズ・ファーゴの株式戦略責任者クリストファー・ハービー氏は今回の選挙戦について「実に奇妙」だと指摘。カウエンのアナリスト、ジャレット・サイバーグ氏は、バイデン氏が「勝利しそうに見える」としながらも、トランプ氏勝利の可能性も真剣に考慮すべきだとくぎを刺した。

  ハービー氏によると、大半の世論調査はホワイトハウスと上下両院を民主党が押さえる「ブルーウェーブ」を示唆しているが、期日前投票データなど他の幾つかの指標ではそうではないと言う。また、上院の過半数確保の行方については「不透明」としながらも、共和党が最近間違いなく追い上げていると付け加えた。

  ハービー氏はまた、最近のラスムセンの大統領選調査でトランプ氏がバイデン氏を48%対47%でリードするという「気になる世論調査」に言及した。

Prediction markets show Biden's chances gained after first debate

  ラスムセンの日々の調査「ホワイトハウス・ウオッチ」によると、バイデン氏は27日に再びトランプ氏を49%対47%でリードしているが、26日にはトランプ氏が9月半ば以来初めて優勢となっていた。一方、リアル・クリア・ポリティクスがまとめた他の世論調査の平均では、バイデン氏がトランプ氏を8ポイントリードしている。

  ラスムセンの数字は外れ値の可能性もあるものの、同社はリアル・クリア・ポリティクスのリストに入っている世論調査会社で、2016年大統領選の得票率を唯一正確に予測したと、ハービー氏は指摘。バイデン氏が選挙人の獲得数で勝利を確実にするためには、得票率で少なくとも3ポイントの差をつけて勝つ必要があるだろうと、分析した。

原題:
Analysts Warn About Polls Signaling Biden Win: Wall Street Votes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE