コンテンツにスキップする

米コロナ入院者数、大半の州で過去1週間に急増-医療現場の負担増す

  • ニューメキシコやワイオミング、コネティカットなどで大幅増加
  • 全米の入院患者数は過去3週間で37%増加-COVIDトラッキング

米国では32州と首都ワシントンで新型コロナウイルス感染症(COVID19)の入院患者数が過去1週間で少なくとも10%増加した。国内の医療体制に対し、この1カ月の感染急増がますます重しとなっている。

  COVIDトラッキング・プロジェクトのデータによれば、現在入院中の患者の数はニューメキシコ州で68%、ワイオミング州で50%、コネティカット州で38%、それぞれ増加した。

Covid-19 Hospitalizations Are Rising

  全米の入院中の患者数は過去3週間で37%増加し4万2917人。その前の数カ月間は減少していた。ただ、新規感染件数が過去最多となる中でも、入院患者数は7月にサンベルト地帯で急増した時の水準を約28%下回っている。

  米厚生省のデータによると、米国では入院患者用ベッドの約6%がコロナ患者によって使用されている。ノースダコタ、サウスダコタ、モンタナ、ウィスコンシンの各州では10%以上となっている。

原題:Covid-19 Hospitalizations Leap in Most States, With Cases Rising(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE