コンテンツにスキップする

【欧州市況】株続落、5月末以来の安値-安全逃避でドイツ債上昇

27日の欧州株は続落。テクノロジー銘柄の一角が上昇し、好調な企業決算も発表されたが、新型コロナウイルスの感染拡大で感染予防措置が追加される可能性があるとの見方から売り優勢となった。

  ストックス欧州600指数は1%下げて5月29日以来の低水準。保険、エネルギー、自動車を中心に下落した。

  英銀HSBCホールディングスは上昇。同行は状況が許せば、「控えめな配当」を支払うことを目指すと明らかにした。エネルギー大手の英BPは下落。同社は四半期決算で黒字を確保したが買い材料とはならなかった。

European stocks slip in October as worries over lockdowns weigh

  欧州債はドイツ債が上昇。安全逃避需要が背景にある。ドイツのメルケル首相は新型コロナ対策でより厳しい措置を検討している。

  ドイツ債の利回り曲線はブルフラット化。イタリア債も上昇。ドイツ債とのイールドスプレッドは132ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)で変わらず。

  英国債の利回り曲線はブルフラット化が進んだ。イングランド銀行(英中央銀行)による長期債の買い入れでは投資家の売り意欲が前回に比べ低下した。

  ドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.61%。フランス10年債利回りは3bp低下してマイナス0.33%。イタリア10年債利回りは3bp下げて0.71%。

  

原題:European Stocks Dip to May Low as Virus Woes Overshadow Earnings(抜粋)

Bunds Lead Euro-Area Gains on Haven Demand: End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE