コンテンツにスキップする

メルセデス、アストンマーティンの保有比率引き上げ-技術提携も拡大

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

独自動車メーカー、ダイムラーのメルセデス・ベンツ部門は、経営難に陥った英高級車メーカーのアストンマーティン・ラゴンダ・グローバル・ホールディングスの保有比率を引き上げる。アストンマーティンによる一連の財務強化策の一環だ。

  27日の発表資料によると、メルセデス・ベンツはアストンマーティンの持ち株比率を最大20%まで段階的に引き上げていく。両社はまた技術提携の拡大も発表した。

  アストンマーティンと関連子会社は、新たに社債や株式の発行および既存債務の借り換えを通じて約13億ポンド(約1770億円)を調達する見通しだ。

原題:Mercedes Boosts Aston Martin Stake, Helps Carmaker Shore Up Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE