コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer
cojp

Airbnb、上場先にナスダックを選択-IPOを年内実施へ

Airbnb Says It Made a Profit Again in 2018 as IPO Looms Large
Photographer: Andrew Harrer

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

民泊仲介の米エアビーアンドビーは27日、年内に実施する見込みの新規株式公開(IPO)について、上場先としてナスダック・グローバル・セレクト・マーケットを選択したと発表した。

  ナスダックは近年、ウーバー・テクノロジーズスノーフレイクといった目玉の上場案件を競合のニューヨーク証券取引所に奪われており、エアビー上場はナスダックにとって大きな勝利となった。

  エアビーは一部株主に宛てた電子メールで、同社取締役会が1対2の株式分割を承認したことを伝えたと、ブルームバーグ・ニュースが今週報じた。1株当たりの株価下落につながる動きで、IPOが近いことを示唆している。

  エアビーは年内のIPOで最大30億ドル(約3100億円)の調達を目指していると、事情を知る複数の関係者はこれまでに明らかにしている。同社は登録書類を非公開の形で米証券取引委員会(SEC)に提出したと8月に発表した。

原題:Airbnb Chooses Nasdaq as Venue for Its IPO Later This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE