コンテンツにスキップする

英QE限界接近で、マイナス金利実現の可能性想定より高い-HSBC

イングランド銀行(英中央銀行)の量的緩和(QE)は限界に近づいており、マイナス金利導入への動きは市場が現在想定している以上に実現の可能性が高い。英銀HSBCホールディングスのストラテジストが指摘した。

  同行ストラテジストらのリポートによれば、イングランド銀の資産購入は自ら設定した限度額に達するよりずっと前に、市場に占めるシェアが高すぎる状態になる可能性がある。QEの効果も薄れつつあり、これ以上の債券購入は逆効果となる恐れがあるという。

  新型コロナウイルス危機が始まって以来、イングランド銀は資産購入目標を7450億ポンド(約101兆5800億円)に引き上げ、一部当局者は失速する景気回復を支えるために来月にも、資産購入拡大の是非を問う可能性を示唆してきた。

  当局者はマイナス金利を効果的にに導入する可否も精査している。ベイリー総裁は導入は差し迫っていないと強調するが、HSBCのストラテジストらは22日付のリポートで予想より早くマイナス金利へと動くことはあり得ると述べた。

原題:BOE Negative Rates Underpriced as QE Runs Out of Road, HSBC Says(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE