コンテンツにスキップする

キャタピラー、7-9月期は予想上回る利益-回復見通しは明示せず

鉱業・建設機械メーカーの米キャタピラーは27日、7-9月(第3四半期)決算を発表し、「一部の産業や地域では明るい兆し」が見られていると指摘した。一方、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響は最悪期を脱したのかどうかについては明確な言及を避けた。

  同社発表によると、7ー9月期の調整後1株当たり利益は1.34ドル。前年同期の同2.66ドルから減少した。アナリスト予想の平均値は同1.13ドルだった。

  • 関連記事:CAT:3Q調整後1株利益、市場予想上回る:スナップショット

原題:Caterpillar Earnings Offer Little Guidance on Pace of Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE