コンテンツにスキップする

BP、7-9月期は赤字免れるも96%減益-見通しは厳しいと警告

  • 調整後利益8600万ドル、かろうじて黒字確保-前年同期は22.5億ドル
  • 年末までに1万人の雇用削減見通しを維持-CEO

BPが27日発表した7-9月(第3四半期)決算は、赤字はかろうじて免れたものの、今後の見通しは険しいと警告した。石油需要の回復ペースは依然として不透明だ。

  アナリストの赤字予想に反して7ー9月期は小幅な黒字となったが、前年同期比96%減の大幅な減益だった。燃料販売の利益が回復したものの、精製マージンが「極めて低調」だった。

Paltry Profit

BP reported an adjusted net income of just $86 million for 3Q

Source: BP

  原油価格は今年4月の歴史的な安値から回復しているが、欧米での新型コロナウイルスの感染拡大予防策の影響で燃料需要は抑制されている。BPは「不安定かつ厳しい取引環境」で、「回復の様相やペースは不透明だ」と警戒感を示した。

  BPの7ー9月期の調整後純利益は8600万ドル(約90億円)。前年同期は22億5000万ドルだった。前四半期の66億8000万ドルの赤字からは改善した。純負債額は9月末時点で404億ドルと、前年同期の465億ドルから圧縮された。

  バーナード・ルーニー最高経営責任者(CEO)は、年末までに1万人の雇用削減見通しを維持した。

原題:*BP STILL EXPECTS 10K JOB CUTS BY YEAR-END: CEO、BP Narrowly Avoids Loss, Warns of Many Challenges Ahead (2)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE