コンテンツにスキップする

英HSBC、利益が予想以上-貸し倒れ損失は予想レンジ下限の見通し

英銀HSBCホールディングスの7-9月(第3四半期)利益は予想を上回った。同行は信用損失が予想レンジの下限になるとの見通しも示した。

  27日の決算発表によると、調整後税引き前利益は前年同期比21%減の43億ドル(約4500億円)と、市場予想の28億ドルを上回った。信用損失は先に発表した80億-130億ドルのレンジの下限になる見込み。

  ノエル・クイン最高経営責任者(CEO)は発表文で「世界経済への新型コロナウイルスの影響が続く中で、明るい展望をもたらす結果となった」コメント。 信用損失の低水準にも言及した。

  同行は状況が許せば、「控えめな配当」を支払うことを目指すと明らかにした。2022年の年間コスト削減が当初目標の310億ドルを上回るとの見通しも示した。

  発表によると、新型コロナの影響を比較的免れたアジアの事業が特に反発力を見せた。

原題:
HSBC Beats Estimates as Loan Losses Seen at Lower End of Range(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE