コンテンツにスキップする

アリババ傘下のアント、香港IPOの応募締め切り前倒しか-関係者

  • 機関投資家の応募締め切り、29日から28日に前倒しされる可能性
  • アントの香港IPO、既に応募が募集枠を数倍上回っていると関係者

中国の電子商取引会社アリババグループ傘下のアント・グループは香港での新規株式公開(IPO)について、投資家の応募締め切りを予定より1日前倒しする計画だと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。既にかなりの応募があったという。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、アントは機関投資家の応募を28日に締め切る予定。ブルームバーグ・ニュースが入手した資料によれば、当初の予定では現地時間29日午後5時だった。前倒しされれば、締め切りが上海IPOと同じ日となる。

  アントの香港IPOは既に応募が募集枠を数倍上回っていると関係者の1人は語る。同社の担当者はコメントを控えた。

  アントは上海と香港でのIPOを通じ計約345億ドル(約3兆6000億円)を両市場から集める計画で、史上最大規模のIPOになると見込まれている。

関連ニュース:
アリババ傘下のアント、上海と香港のIPOで総額約3.6兆円調達へ
アリババ創業者マー氏、世界11位の富豪に浮上見込み-アントIPOで

原題:
Jack Ma’s Ant Said to Plan Early Book Close for Hong Kong IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE