コンテンツにスキップする

米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認-司法保守化へ

更新日時
  • トランプ大統領にとって大きな勝利、大統領選投票日迫る中
  • オバマケアや人工妊娠中絶の権利などの最終判断に影響も
エイミー・コニー・バレット氏

エイミー・コニー・バレット氏

Photographer: Caroline Brehman/CQ Roll Call
エイミー・コニー・バレット氏
Photographer: Caroline Brehman/CQ Roll Call

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米上院は26日の本会議で、トランプ大統領によるエイミー・コニー・バレット氏の連邦最高裁判事指名を最終承認した。採決は賛成52、反対48。

  この結果、最高裁判事の構成は保守派6人、リベラル派が3人となり、一段と保守化することになった。今後、医療保険制度改革法(オバマケア)や人工妊娠中絶の権利といった国民を二分する問題を巡る司法の最終判断に影響する可能性がある。11月3日の大統領・議会選投票日が迫る中でトランプ大統領にとって大きな勝利となった。

  上院民主党議員全員と共和党のスーザン・コリンズ議員が反対票を投じた。同議員は投票日が近づく中で最高裁判事を承認すべきでないとの民主党の主張に同調した。

  トランプ大統領と、上院で過半数を占める与党共和党指導部がバレット氏の迅速な承認を推し進めた。ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事の死去で生じた空席はわずか38日で埋まることになった。

  トランプ大統領は、2000年大統領選のように最高裁が選挙結果の決着に影響する判断を下す場合に備え、自身が指名する候補を最高裁判事に就任させたい意向を示していた。

  バレット氏の宣誓就任式は2回に分かれており、初回はクラレンス・トーマス最高裁判事の司式によりトランプ氏も立ち会ってホワイトハウスのサウスローンで26日夜に行われた。2回目はジョン・ロバーツ最高裁長官の司式の下、27日に最高裁判所内で非公開の形で行う。

原題:Senate Confirms Barrett for Supreme Court in Victory for TrumpBarrett Confirmation Hands Win to Trump, GOP on Eve of Election(抜粋)

(背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE