コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg
cojp

韓国GDP、7-9月は前期比1.9%増-プラス成長回復

Vehicles drive past Seoul Station, right, in Seoul, South Korea, on Monday, Jan. 20, 2020. The South Korean government has launched a raft of property-related measures since taking office in 2017, with the latest in December dubbed “draconian” by CLSA. While the steps have yet to reel in all the pockets of price gains, some economists say they are contributing to a construction slump that was the main drag on economic growth in the third quarter.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

韓国経済は7-9月(第3四半期)にリセッション(景気後退)から回復した。夏場の新型コロナウイルス感染拡大が消費者を圧迫したものの、輸出の伸びが寄与した。

  韓国銀行(中央銀行)が27日発表した7-9月期の国内総生産(GDP)は前期比1.9%増と、エコノミスト予想の1.3%増を上回った。それ以前の2四半期はいずれもマイナス成長となっていた。7-9月期は前年同期比では1.3%減少。

  輸出はインフレ調整後で16%増と、1986年以来の大きな伸び。設備投資は6.7%増、建設投資は7.8%減だった。

South Korea's economy is recovering from recession

原題:South Korea Rebounds From Recession as Exports Jump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE