コンテンツにスキップする

ウェルズFが法人向け信託事業の売却検討、10億ドル超で-関係者

  • 100億ドルに上る学生ローンのポートフォリオの売却も考えている
  • CEOは重要な複数の部門に注力する簡素化した経営体制を約束

米銀ウェルズ・ファーゴは法人向け信託事業の売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、売却額は10億ドル(約1050億円)を超える可能性がある。同行は学生ローンのポートフォリオの買い手を探すかどうかについても考えているという。

  法人向け信託事業を巡るプロセスは進行中で、ウェルズ・ファーゴは売却の可能性を探っている。関係者の1人が匿名を条件に語った。同行は資産運用部門の売却も検討しており、月内に複数の買収提案が示されると見込んでいると先週報じられた。

ウェルズFが資産運用部門の売却を検討、戦略見直しの一環-関係者

  チャーリー・シャーフ最高経営責任者(CEO)は厳しい状況に直面する同行について、自身の構想を公表する準備を進めている。昨年10月に就任して以来、事業を精査し、不祥事に長年見舞われてきた同行の立て直し戦略を練ってきた。今月には「米バンキングフランチャイズの中核とならない部分からの撤退を続ける」とアナリストに説明し、重要な複数の部門に注力する簡素化した経営体制を約束した。

  ウェルズ・ファーゴは今月先に、学生ローン事業からの撤退を計画していると顧客に伝えたことを明らかにしている。同行は100億ドルに上る学生ローンのポートフォリオを保有。

  同行の担当者は事業売却についてコメントを控えた。

原題:Wells Fargo Is Said to Mull $1 Billion-Plus Corporate-Trust Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE