コンテンツにスキップする

アルメニア、アゼルバイジャン停戦また守られず-3度目の破綻

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アルメニアのパシニャン首相は、米国が仲介したアゼルバイジャンとの停戦合意は発効から数時間後に破綻したと述べた。係争地ナゴルノカラバフの帰属を巡って衝突するアルメニアとアゼルバイジャンは、国際社会の仲介により3度目の停戦合意にこぎ着けたが、今回も守られなかった。

  パシニャン首相は「またしても停戦を維持できなかったことが明確になった」とフェイスブックに投稿し、「この失敗に米大統領がどう反応するのかはまだ分からない」と続けた。

  アルメニア、アゼルバイジャン双方とも自国の停戦順守を主張し、相手による合意違反を非難し合っている。

原題:Armenia Says Truce With Azerbaijan Hailed by Trump Has Collapsed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE