コンテンツにスキップする

クシュナー氏、黒人は「成功したい」との願望を持たなくてはならない

トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問は、トランプ氏の政策で黒人を支援するためには、黒人が「成功したい」との願望を持たなくてはならないと述べた。

  クシュナー氏は26日、FOXニュースの番組で「大半が民主党支持者である黒人コミュニティーの多くで見てきたことの一つは、不満だと訴えている問題から人々が抜け出すのを助けることができるのがトランプ大統領の政策だということだ」と発言。「ただし、彼らが成功したいと望む以上に、トランプ氏が彼らの成功を望むことはできない」と論じた。

  クシュナー氏の発言はツイッター上で非難を浴び、多くの黒人が成功を望んでいないと示唆しているようだとして、民主党は同氏を批判した。

White House Press Secretary Kayleigh McEnany Holds Briefing

クシュナー大統領上級顧問

  トランプ陣営は今回の方が、2016年の選挙戦当時よりも黒人の支持を取りつけていると考えている。非暴力的な犯罪者の刑期を減らす法律や、伝統的に黒人が多く通う大学への支出増加、低所得層の投資家向けの新たな税優遇措置など、トランプ氏の政策が有利に働くとみている。

原題:Kushner Says African Americans Must ‘Want to Be Successful’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE