コンテンツにスキップする

ドイツのバイエルが米アスクバイオ買収で合意-最大約4200億円

  • 非公開企業アスクバイオはパーキンソン病などの遺伝子治療薬を開発
  • バイエルは主力製品の特許失効を控え医薬品部門を強化

ドイツのバイエルは米バイオテクノロジー会社アスクレピオス・バイオファーマシューティカル(アスクバイオ)を最大40億ドル(約4200億円)で買収することで合意した。一部の主要治療薬の特許失効を控え、医薬品部門を強化する。

  両社の発表資料によると、バイエルは前金20億ドルのほか、マイルストン(成果報酬)として最大20億ドルを支払う。米ノースカロライナ州を拠点とする非公開企業のアスクバイオは、パーキンソン病やうっ血性心不全などの遺伝子治療薬を開発している。

  バイエルの主力製品である経口抗凝固薬「イグザレルト」や眼科用VEGF阻害剤「アイリーア」は数年以内に特許が失効する。同社は細胞療法・遺伝子治療に特化する事業部門を創設したことを明らかにした。昨年完全買収したブルーロック・セラピューティクスなどを同部門の下に統合する。

  2001年創業のアスクバイオは、他の細胞療法・遺伝子治療開発企業向けに成分を受託製造する部門も抱える。独自に開発しライセンス供与している治療薬では血友病やデュシェンヌ型筋ジストロフィー患者向けのものがあり、臨床試験が行われている。

  バイエルは年内の買収手続き完了を見込む。アスクバイオは買収後も独立した企業として運営されるという。

原題:
Bayer to Acquire Biotech AskBio for as Much as $4 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE