コンテンツにスキップする

アマゾン、インド提携先の資産売却差し止めを請求-背後にシェア争い

  • フューチャーは34億ドル相当の資産売却でリライアンスと合意
  • シンガポールの裁判所はアマゾンが求めた暫定的な差し止めを認めた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アマゾン・ドット・コムは、インドの提携先フューチャー・グループアジア一の富豪、ムケシュ・アンバニ氏率いるリライアンス・インダストリーズと結んだ34億ドル(約3570億円)相当の資産売却契約について、暫定的に差し止める命令を裁判所から得た。

  手続きの非公開を理由に事情に詳しい複数の関係者が匿名で語ったところでは、シンガポールの仲裁裁判所は、フューチャー・グループ傘下のフューチャー・リテールと創業者が資産売却を進めることを差し止める判断を下した。本審理開始前の暫定的な差し止めを求めるアマゾンの申し立てが認められた格好だ。

  アマゾンはムンバイ時間25日遅くに発表した資料で、求めていた全ての救済措置が得られたとしながらも、具体的な内容は明らかにしなかった。

  同社は「裁定を歓迎する」とした上で、「仲裁プロセスの迅速な決着に向け引き続きコミットしている」と説明した。

  フューチャー・グループの担当者に営業時間外に連絡を取ったが、コメントは得られなかった。

  フューチャーとリライアンスの合意が実現すれば、推定1兆ドルのインド小売市場のシェア争いでアンバニ氏に比類ない優位をもたらす可能性があり、アマゾンは阻止することを目指している。リライアンスは実店舗を展開する小売企業では既にインド最大で、オンライン事業でもアマゾンに対抗する野心的な計画を持つ。

  アマゾンは今月に入り、提携先のフューチャーがリライアンスへの資産売却で合意したことが契約に違反すると主張。アマゾンの広報担当者は8日、ブルームバーグに対し、契約上の権利を行使する手続きを開始したと述べる一方、詳細には言及しなかった。 8月後半に発表されたリライアンスとフューチャーの合意は当局の承認待ちだが、今回の裁判所の命令で必ずしも遅れは生じない見通しだ。

関連ニュース:
リライアンス、インドのアマゾン提携企業の株取得で合意近い-関係者
アマゾン、印小売りフューチャー・リテールへの直接出資検討-関係者

原題:Amazon Wins Order to Stall $3.4 Billion Reliance-Future Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE