コンテンツにスキップする

カーライル、シーメンスのフレンダー部門買収で合意間近-関係者

  • メカニカルドライブ手掛ける部門の買収、週内発表も-約20億ユーロ
  • カーライルがカナダのブルックフィールドを制した

米投資会社カーライル・グループは、ドイツのシーメンスのメカニカルドライブシステムを手掛けるフレンダー部門を約20億ユーロ(約2480億円)で買収する方向で合意に近い。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  両社は取引の最終的な詳細を詰めている段階で、週内にも合意が発表される可能性があると関係者が協議の非公開を理由に匿名を条件に語った。

  同部門を巡っては、カーライルがカナダの資産運用会社ブルックフィールド・アセット・マネジメントを制したと関係者。ただ、合意が遅れたり、協議が物別れに終わったりする可能性も依然として残る。シーメンス、カーライル、ブルックフィールドの担当者はいずれもコメントを控えた。

  シーメンスは、2005年にシティグループから買収したフレンダー部門の売却やスピンオフ(分離・独立)を検討してきた。この売却はジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)による事業構造改革で最後の動きの1つとなる。

原題:Carlyle Said to Near $2.4 Billion Deal for Siemens’s Flender(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE