コンテンツにスキップする

アジア随一の富豪銀行家、インド国内競合行の買収を検討-関係者

  • コタック・マヒンドラ銀行はインダスインド銀行の買収を検討
  • 買収が実現すればコタック・マヒンドラ銀の資産は83%増える

銀行家としてはアジア随一の富豪、ウダイ・コタック氏が率いるインドのコタック・マヒンドラ銀行は、規模で劣る国内競合行インダスインド銀行の買収を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実現すれば、資産規模で同国8位の金融機関が誕生する。

  コタック・マヒンドラ銀の創業者で最高経営責任者(CEO)の同氏は、全額株式による買収の可能性を模索している。協議が非公開であることを理由に関係者の1人が語った。

  この買収が決まれば、コタック・マヒンドラ銀の資産規模は約83%増え、インドを代表する民間銀行の一角としての地位を固めることになる。また、資産の質劣化などの懸念で今年に入って時価総額が60%減少したインダスインド銀にとっては命綱となりそうだ。

Opening Day Of The World Economic Forum (WEF) 2018

ウダイ・コタック氏

  交渉は初期段階であり、物別れに終わる可能性もあると関係者は述べた。

  コタック・マヒンドラ銀の広報担当はコメントを控えた。一方、インダスインド銀の外部広報担当は「言われているような臆測は完全に否定する。悪意のある虚偽で事実無根の話だと考える」と述べた。

原題:
Asia’s Richest Banker Said to Explore Takeover of IndusInd Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE