コンテンツにスキップする

コロナ後の成長、著しく限定的-ブリッジウォーターのプリンス氏警告

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツのボブ・プリンス共同最高投資責任者(CIO)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)時の低金利と債務拡大という異例の組み合わせによって、パンデミック後の潜在成長率が「著しく」限定される見通しだと述べた。

  財政政策が引き続き景気刺激策の柱となるため、政府債務が過剰となるリスクが高まり、為替レートへの圧力につながると、プリンス氏は指摘。こうした問題はアジア以外の国・地域でより深刻になるという。

  プリンス氏はブルームバーグテレビジョンに対し、アジアでは「多くの国が財政赤字を膨張させたり紙幣を増刷したりせずに、新型コロナ対策でずっと良い仕事をしている」と指摘。「投資家としては、欧米に完全に集中すべきではない」と述べた。

ボブ・プリンス氏

ゼロ金利環境で債券にリスク、ブリッジウォーターのプリンス氏が警告

原題:
Bridgewater’s Prince Warns of Severely Limited Growth Post-Covid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE