コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米国の新規感染7万人超、欧州で夜間外出禁止広がる

米国の1日当たりの新規感染者数が、7月後半以降で初めて7万人を超えた。間近に迫っている大統領選では、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への対応が重要な争点となっている。

  米ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグの集計によれば、米国の新規感染者は22日に7万919人を記録。7日間の移動平均では6万1000人余りと、8月初旬以来の高水準となった。

  欧州各国では夜間外出禁止令が広がっている。ルクセンブルクのベッテル首相は23日、議会が承認し次第、午後11時から午前6時までの外出禁止措置を1カ月にわたって導入すると発表した。

  イタリアの新規感染者数は過去最多の1万9143人と、またも過去最多を更新。ミラノとその周辺地域では22日から夜間外出禁止となった。コリエレ・デラ・セラ紙は23日、現在の感染拡大ペースに歯止めがかからない場合、政府は全土にその対象を広げる可能性があると報じた。

  オランダの新規感染者数は初めて1万人を上回った。フランスはパリなど一部の大都市に限定していた夜間外出禁止令の対象地域を拡大。午後9時から翌朝6時まで自宅にとどまる必要があり、対象者は約4600万人に上る。

  カステックス仏首相は「欧州のいかなる場所と同様、フランスにも第2波がやってきている」とし、「状況は深刻だ」と述べた。

  スペインのサンチェス首相は、新型コロナのパンデミックが始まって以来の国内感染者数は300万人を超えている公算が大きいとの認識を示した。この数は公式統計の3倍近くに上る。

スペイン首相、国内感染者数は300万人超の公算と発言-公式統計の3倍

  クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、景気対策を巡る交渉は現時点であまり進展していないとの見方を示した。

クドロー委員長、米景気対策交渉の停滞を示唆-「あまり動きがない」

  イランの1日当たりの新規感染者数は6134人と、初めて6000人を突破。最多更新は過去1週間で3回目。

  ジョンズ・ホプキンス大学のデータによれば、世界の新型コロナ感染者は4180万人を超え、死者数は114万人を上回った。

関連記事

原題:U.S. Cases Surge Past 70,000; Italy Tops Record: Virus Update

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE