コンテンツにスキップする

テスラ、中国で「モデルS」と「X」輸入車を約3万台リコール

  • 2つの異なるサスペンション不具合-対象車の一部は両方に問題も
  • 世界最大の乗用車市場で激しい競争に直面するテスラにとって痛手

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは中国で、「モデルS」と「モデルX」の輸入車約3万台をリコール(無料の回収・修理)する。サスペンションに問題が見つかったという。世界最大の乗用車市場である中国で激しい競争に直面するテスラにとっては痛手となる。

  中国国家市場監督管理総局が23日発表した声明によると、2013年9月17日から18年1月15日まで製造されたものがリコールの対象。2つの異なるサスペンションの不具合があり、リコール対象車の一部には両方の問題がある可能性があるという。テスラの中国担当者はコメントを控えた。

  テスラは2020年初めごろに上海で製造を開始し、それ以降は輸入モデルの販売は月数百台程度にとどまっている。

原題:
Tesla Is Recalling About 30,000 Imported Vehicles in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE