コンテンツにスキップする

バークレイズ、7-9月利益が予想上回る-トレーディング収入29%増

英銀バークレイズの7-9月(第3四半期)は、新型コロナウイルス危機による市場ボラティリティーの恩恵を受け、トレーディング収入が増えた。

  23日の決算発表によると、第3四半期の外国為替、金利、クレジットのトレーディング収入は前年同期から23%増え、市場予想を上回る利益に寄与した。株式トレーディング収入は40%増えた。危機に伴う減損損失は予想を下回った。

  ジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は、「法人・投資銀行部門の力強い収入パフォーマンスが個人向け事業への逆風を十二分に打ち消した」と説明した。

  トレーディング収入全体は29%増え、米銀勢の平均の21%増を上回った。トレーディング事業を擁護してきたステーリーCEOの方針が実を結んだ形だ。

  国内銀行部門は住宅ローン需要の増加を追い風に黒字を回復。規制当局からの圧力で停止している配当の復活計画については年末に方針を示すとしている。「取締役会は株主への還元の重要性を認識している」という。

  バークレイズは予想される不良債権の減損処理で6億800万ポンド(約830億円)の費用を計上。アナリスト予想は10億ポンドだった。2021年の減損損失は減少するとの見通しも示した。

原題:Barclays Traders Thrive on Volatility as Earnings Top Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE