コンテンツにスキップする

米国の軍事力にひるまず-中国が朝鮮戦争参戦70年で式典

  • 撃退不可能との米軍の神話を打ち砕いた-習主席
  • 中国は脅しや極端な圧力に断固とした姿勢とも主張

中国の習近平国家主席は23日、朝鮮戦争(1950-53年)参戦70周年の記念式典で、同戦争は「撃退不可能との米軍の神話を打ち砕いた」と述べた。米国の軍事力にひるまないとのメッセージを米側に送った。

  習主席は北京の人民大会堂で開かれた式典で、「中国人民は問題を起こしたり問題を恐れたりすることはない」と表明。「どのような困難や挑戦があっても、われわれは強権政治や抑圧におびえたり屈したりすることはない。中国は脅しや極端な圧力に断固とした姿勢を取る」と述べた。

  中国政府は朝鮮戦争を、北朝鮮に援軍を派遣して米国に対抗した「抗米援朝」と表現。中国が米国と交戦したのは朝鮮戦争だけで、当時米国は国連軍を主導していた。

  国営メディアは朝鮮戦争参戦式典を控えて関連報道が目立ち、人民解放軍系の解放軍報は「越えてはならない一線は決して越えさせてはならず、最低ラインまで踏みにじられてはならない」と主張する長文の論説を掲載。他の刊行物も犠牲の必要性を強調する類似の報道が目立った。

原題:China Warns on ‘Red Lines’ in Remembering Its Only War With U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE