コンテンツにスキップする
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg
cojp

米ハーバード大、2年連続の減収を予想-新型コロナ危機の影響大

  • 2年連続の減収は1930年代以来、感染対策などの措置でコスト増大
  • 寄付基金の20年度リターンはプラス7.3%、純資産502億ドルに増加
Harvard Yard is seen on the closed Harvard University campus in Cambridge, Massachusetts, U.S., on Monday, April 20, 2020. College financial aid offices are bracing for a spike in appeals from students finding that the aid packages they were offered for next year are no longer enough after the coronavirus pandemic cost their parents jobs or income.
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ハーバード大学は22日公表した2020会計年度(19年7月-20年6月)の年次報告で、新型コロナウイルス危機の影響で、21年度も減収となる公算が大きいとの見通しを明らかにした。

  ハーバード大によれば、2年連続の減収は1930年代以来となる。20年度は1000万ドル(約10億5000万円)の赤字だった。新型コロナ検査や接触確認、教室や寮での感染対策といった措置がコスト押し上げにつながったという。

  財務担当バイスプレジデントのトーマス・ホリスター氏と財務責任者を務めるポール・フィネガン氏は年次報告で、「今年3月にパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、ハーバードが受けた財務面の打撃は大きく急激なものだ」と説明。新型コロナに伴う「課題が続く中で、最悪期はこの先に待ち受けている可能性が高い」との見方を示した。

  ただ、暗い見通しにもかかわらず、ハーバード大の純資産は6月末時点で8億9300万ドル増の502億ドル。N・P・ナーベカー氏率いる同大寄付基金の運用成績好調が寄与した。

Harvard's Returns

Public and private equity were strong performers last year

Source: Harvard Management Co.

Returns as of June 30, 2020

  年次報告によると、419億ドル規模の寄付基金の20年度リターンはプラス7.3%。同大の19年度収支は3億800万ドルの黒字だった。

原題:Harvard Posts Loss, Sees Revenue Dropping for Second Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE