コンテンツにスキップする

ウィーワークのデフォルト可能性に現実味、フィッチが格下げで警告

  • 長期格付けを「CCC」に引き下げ-従来「CCC+」
  • コロナ禍での在宅勤務へのシフトが大きなリスクとフィッチ

フィッチ・レーティングスは経営不振の米ウィーワークの格付けを引き下げ、かつては高い評価を受けた同社がデフォルト(債務不履行)に陥る可能性があると警告した。

  フィッチは22日、シェアオフィス事業を手掛けるウィーワークの長期発行体デフォルト格付け(IDR)を「CCC」と、従来の「CCC+」から引き下げた。フィッチの格付け基準によると、CCCの格付けは「相当な信用リスク」を示し、「デフォルトの現実の可能性」を示唆する。

  フィッチは新型コロナウイルスの感染拡大がウィーワークの経営モデルに与える影響に言及。コロナ禍で、ウィーワークが提供するシェアオフィスより在宅での勤務を選ぶ傾向が強まり、同社はさらに苦境に陥っている。

  コロナ再流行が起きた場合やオフィススペースの需要が構造的に低下した場合、ウィーワークは2021年と22年にそれぞれ約15億ドル(約1600億円)の現金を燃焼することになるとフィッチは見込む。その場合、ウィーワークは「追加流動性」を求めざるを得ないが、確保できる「見込みはかなり不透明だ」という。

  ウィーワークの筆頭株主ソフトバンクグループはこれまで同社に相当な支援を提供してきたが、「厳しいシナリオでは追加資金が得られるかどうかは不透明だ」とフィッチは指摘した。ウィーワークにコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:WeWork Default Is a Real Possibility, Fitch Ratings Warns (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE