コンテンツにスキップする

バイデン氏は向き合う用意、討論会で息子巡り非難されても-陣営幹部

米民主党大統領候補のバイデン前副大統領の陣営は22日、この日開催される投票前最後の大統領候補討論会でトランプ大統領からバイデン氏の息子ハンター氏の汚職疑惑について追及された場合でもバイデン氏は向き合う用意があると述べた。大統領は同疑惑を取り上げる意向を示している。

  バイデン陣営の選対副本部長ケイト・ベディングフィールド氏は記者団との電話会合で、トランプ氏がそうした事柄に議論を向けようとする「たびにわれわれの当初からの主張が裏付けられる。すなわち、彼は自分が再選に値するかどうか証明していないと認めており、過去4年間の失敗に関して答えておらず、この先4年間のプランもビジョンもないということだ」と語った。

  一方、トランプ大統領の顧問を長く務めるリチャード・グレネル氏は記者団に電話で、「当然ながら大統領はバイデン氏が何をしたかを正確に国民に知らせるため、機会を探ることになるだろう」と述べた。

原題:Biden Aides Say He’s Ready for Trump Debate Attacks on Hunter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE