コンテンツにスキップする

ラスベガス・サンズ上昇、回復の兆しで-7~9月赤字は予想より小幅

22日の米株式市場で世界最大のカジノ運営会社、米ラスベガス・サンズの株価が4月以来の大幅高。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まって以降、10月は最もビジネスが好調だと明らかにした。

  マカオでカジノを運営するサンズ・チャイナのグラント・チャム最高執行責任者(COO)は21日、投資家との電話会議で、「実際の取引高と来客数がかなりの水準に上ったのは1月以降で10月が初めてだ」と指摘。「マカオに最初に戻ってきたのは頻繁に訪れ大金を賭ける顧客だ」と述べた。

  これに先立ち同社が発表した7-9月(第3四半期)決算は赤字となったものの、一部項目を除いた1株当たり損失は 67セントと、アナリスト予想の74セントより小幅にとどまった。

  サンズ株は8.4%高の49.81ドルで取引を終了。年初来では28%安。

原題:
Las Vegas Sands Soars on Signs Macau Gamblers Are Returning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE