コンテンツにスキップする

ゴールドマン、1MDB問題決着の支払額が世界で50億ドル超える

更新日時
  • 米海外腐敗防止法違反では過去最大額支払いへ-子会社が有罪認める
  • 最高幹部の報酬削減、ブランクファイン氏には報酬返還請求

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ゴールドマン・サックス・グループはマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の資金不正流用問題に関する米当局の捜査の決着で、同行とマレーシア子会社が共謀して米海外腐敗行為防止法(FCPA)に違反したことを認めた。米司法省が22日発表した。1MDB問題の決着に向け同行が支払う金額はこの日までに世界全体で50億ドル(約5200億円)を超えた。

  マレーシア子会社は1MDBを通じた巨額の資金流用を可能にしたスキームへの関与で有罪を認めた。これはゴールドマン創業以来初め。ゴールドマン本体は訴追延期合意と呼ばれる司法取引に応じることで、事業に大きなダメージを与えかねない有罪答弁を回避した。

  アリクサンドラ・スミス米連邦検察官によると、ゴールドマンが今回の合意で支払う金額は23億ドル超と、FCPA違反に対する制裁金では過去最大。

  同行がマレーシアで得た不正利益の返還を含めると、米司法省が科す制裁金の総額は約29億ドルになる。これ以外にゴールドマンの子会社は香港の金融規制当局に3億5000万ドル、シンガポール政府に1億2200万ドル、英国の金融監督当局に9660万ポンドをそれぞれ支払う。各当局が22日発表した。

  ゴールドマンはデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)ら最高幹部の報酬をカットし、ロイド・ブランクファイン前CEOには支給済み報酬の一部返還を請求する。減給・返還請求は現旧経営陣の十数人に及び、合計で1億7400万ドルに達すると、同社が発表文で明らかにした。

関連ニュース

原題:Goldman Recast as Villain of Wall Street With Damning 1MDB PactGoldman Admits Role in Record $1.6 Billion 1MDB Bribe Spree (2)Goldman Gets Record 1MDB Fine; Solomon Faces Pay Reduction (2)、Goldman to Take $174 Million in Pay From Solomon, Others on 1MDB(抜粋)

(各国の制裁金などに関する詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE