コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、9月は14年ぶり高水準-市場予想上回る

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した9月の中古住宅販売件数は予想を上回る増加となり、14年ぶりの高水準に達した。より広い居住スペースを求める流れや過去最低水準にある住宅ローン金利が引き続き需要を支えた。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比9.4%増の654万戸
    • 2006年5月以来の高い販売ペース
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は630万戸
    • 前月は598万戸と速報値から下方修正
  • 中古住宅価格(季節調整前、中央値)は前年同月比14.8%上昇の31万1800ドル(約3270万円)で過去最高
U.S. existing home sales hit 14-year high, tight inventory pushed up prices

インサイト

  • 記録的な販売価格と在庫の少なさが特徴。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で在宅勤務を余儀なくされる人が多く、過去最低水準の住宅ローン金利が買い手を引きつける中で、一戸建て住宅が引く手あまたとなっている
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 住宅市場は「明らかにV字型回復を超える力強さを見せており、回復にとどまらず、パンデミック以前の水準すら大きく上回っている」
    • 「住宅価格の過剰な上昇は在庫不足と非常に強い需要に起因している」

詳細

  • 9月は一戸建て住宅の販売がコンドミニアムより大幅に増加
  • 中古住宅の在庫は前年同月比19.2%減の147万戸
    • 9月としては過去最低
  • 販売に対する在庫比率は2.7カ月
  • 販売は4地域全てで増加。西部9.6%増、南部8.5%増など
  • 統計表

原題:U.S. Existing Home Sales Rise to 14-Year High, Exceed Forecast(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE