コンテンツにスキップする

コカ・コーラ、7-9月は販売改善-「なお多くの困難」とCEO

米清涼飲料大手コカ・コーラでは、販売数量が平時の状態に少しずつ戻りつつある。ただ同社は、新型コロナウイルス感染再拡大により短期的に業績への影響が続く可能性があるとも指摘した。

  7-9月(第3四半期)の世界の販売数量は4%減。売り上げ全体の約半分を占めるレストランと娯楽施設がまだ通常営業に戻っていないことが影響した。ただそれでも、16%減となった4-6月(第2四半期)からは大きく改善。自宅での消費がやや増えたことも寄与した。

  ジェームズ・クインシー最高経営責任者(CEO)は決算発表資料で「なお多くの困難が待ち受けているが、第3四半期の進展を受け当社が正しい軌道にあるとの自信を得ている」と述べた。

Coca-Cola global case volume decline moderates

  第3四半期には明るい要素も見られた。代表的な商品である「コカ・コーラ」は1%増。「コカ・コーラ・ゼロシュガー」は7%増えた。一方、茶・コーヒー飲料は15%減。主に英コーヒー店チェーン「コスタ」の店舗がコロナ禍で影響を受けた。

  通期予想については、新型コロナを巡る不確実性を理由に発表を控えた。

原題:Coke Inches Back as CEO Sees ‘Many Challenges’ Still Ahead (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE