コンテンツにスキップする

トルコ中銀、予想外のレポ金利据え置き-リラ急落で最安値更新

トルコ中央銀行は22日、予想外の政策金利据え置きを発表した。リラのボラティリティーがさらに高まるリスクがある。

  金融政策委員会(MPC)は1週間物レポ金利を10.25%で維持した。ブルームバーグの調査で27人のエコノミストのうち据え置きを予想したのは2人のみで、大方は利上げを予想していた。

  後期流動性貸出金利は13.25%から14.75%に引き上げ、翌日物貸出金利との差が2倍の3ポイントとなった。

  ウイサル総裁は先月、2ポイントの利上げで投資家を驚かせたが、その後も政策金利での資金調達を制限し、より高い金利での借り入れを銀行に強いることで裏口からの引き締めを続けていた。中銀は8月に1週間物レポオークションを中止して以降、資金コストを日々調節している。

  中銀の発表を受けてリラは下落。ドルに対して一時2.1%安の1ドル=7.9797リラとなり、過去最安値を更新した。

原題:Turkey Expands Rate Corridor But Unexpectedly Holds BenchmarkLira Tumbles After Central Bank Defies Rate-Hike Bets (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE