コンテンツにスキップする

バチカンと中国、司教任命巡る合意を2年延長-米国の圧力に屈せず

バチカン(ローマ教皇庁)は中国国内の司教任命を巡り、同国と2018年に交わした合意を2年間延長した。中国外務省の趙立堅報道官が22日、定例記者会見で明らかにした。

  米国は中国が信仰の自由を攻撃していると非難し、合意を延長しないよう圧力をかけていた。ポンペオ米国務長官は9月19日のツイートで、合意を延長すればバチカンの「道徳的権威」が脅かされると警告していた。

原題:Vatican, China Renew Accord on Bishops Despite U.S. Pressure (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE