コンテンツにスキップする

米国株が続落、選挙前の経済対策成立は望み薄-ドル続落

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

21日の米株式相場は荒い値動きの末、小幅安となった。経済対策を巡りトランプ政権と民主党は合意に近づいている一方、選挙前に経済対策法が成立する可能性は低いとの見方が背景にある。米国債は続落。

  • 米国株は小幅続落、経済対策巡る発言受け不安定な動き
  • 米国債は続落、10年債利回り0.82%に上昇
  • ドル・円104円台半ば、ドル指数は4日続落
  • NY原油先物は急反落、ガソリン在庫の増加で
  • NY金先物は3日続伸、1週間ぶり高値

  経済対策協議の進展に関する関係者発言に振り回される格好で、S&P500種株価指数は前日比プラス圏とマイナス圏を行き来した。上院を通過し得る合意がまとまる公算は小さいとみられるが、ペロシ下院議長と政権代表者の協議は続いた。この日は小型株の下落が目立った。

  S&P500種は前日比0.2%安の3435.56。ダウ工業株30種平均は97.97ドル(0.4%)安の28210.82ドル。ナスダック総合指数は0.3%低下。

  ネーションワイドの投資リサーチ責任者、マーク・ハケット氏は「本日の相場は、猫がレーザーポインターを追いかけるさまによく似ている」と指摘。「ペロシ議長が日中、合意の見込みに期待感を示したかと思えば、数分後には合意が実現するとは思わないと語り、それに相場が反応する。投資家は経済対策という輝きから目が離せない」と電話取材で語った。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して0.82%と、6月以来の水準を回復した。

  外国為替市場ではドル指数が4営業日続落。メドウズ大統領首席補佐官は、ペロシ下院議長との協議で今後48時間以内に包括的な景気対策法案で合意を取りまとめることを目指すと述べた。ポンドは対ドルで1.6%高と3月以来の大幅高。英国と欧州連合(EU)が通商交渉を再開することが明らかになった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下。一時は9月1日以来の低水準を付けた。ドルは対円では0.9%安の1ドル=104円59銭。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.1861ドル。

Traders shun greenback amid optimism on fiscal-stimulus deal

  ニューヨーク原油先物は急反落。ガソリン在庫が5月以来の大幅増になった一方、ガソリン消費は9月下旬以来の低水準となり、ガソリンと原油の市場で売りが膨らんだ。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は前日比1.67ドル(4%)安い1バレル=40.03ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.43ドル下落し41.73ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3日続伸。1週間ぶりの高値を付けた。米議会が景気対策で合意に至り、景気を支援するとの思惑からドルが下げ、金に買いが入った。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.7%高い1オンス=1929.50ドルで終了した。

原題:U.S. Stocks Slip With Pre-Election Aid Unlikely: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Hits 7-Week Low as White House Eyes Stimulus: Inside G-10(抜粋)

Oil and Gasoline Tumble in Wake of Mounting U.S. Fuel Supplies(抜粋)

Gold Rises to One-Week High as Dollar Sags on U.S. Stimulus Bets(抜粋)

(市場関係者のコメントを追加、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE