コンテンツにスキップする

米選挙前の株下落、絶好の買い機会に-モルガンSのウィルソン氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

来月の選挙を控えた不安から米国株式相場が大きく下げれば、絶好の買い機会になるとモルガン・スタンレーの米国株担当チーフストラテジスト、マイク・ウィルソン氏はみている。

  ウィルソン氏は選挙前に相場が下落する可能性は十分あると指摘。トランプ大統領と民主党大統領候補のバイデン前副大統領による法廷闘争が長引くリスクに対し、このところ投資家は無頓着になってきていると述べた。

  同氏は「S&P500種株価指数が下げて3100に向かい、選挙を巡る状況がまだはっきりしない場合は、われわれはいかなる状態でもその時点でリスクを増やす」と電話インタビューで述べた。

  それは選挙で誰が勝利しようと、追加の経済対策が実施されることはほぼ確実で、それが資産価格を押し上げるためだとウィルソン氏は説明した。同氏は8月、翌月の相場下落を正確に予想した。

A drop in U.S. equities ahead of election results would merit buying: MS

  選挙結果は11月26日の感謝祭の祝日までに明確になり、それまでの3週間は不透明感から相場が混乱する可能性があるとモルガン・スタンレーはみている。新型コロナウイルス感染の再拡大やワクチンの普及時期が不明な状況、追加経済対策協議の行き詰まりも投資家心理を重くしていると、ウィルソン氏は指摘した。

  選挙での勝者が宣言されるまで、「市場はよりディフェンシブになるかもしれない」と同氏は分析。「結果が判明するころには、株価は既に下落している可能性がある」と語った。

原題:Morgan Stanley Says Buy Stocks If There’s an Election Plunge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE