コンテンツにスキップする

ブレイナードFRB理事、追加経済対策の合意不成立は主要なリスク

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は、新型コロナウイルスを巡る今後の状況そのものを除けば、追加経済対策の合意不成立が見通しへの最大のリスクだと指摘した。

Fed Revises Bank Capital Rules, Draws Brainard Rebuke Over Risks

ブレイナード理事

  ブレイナード理事は21日のオンラインでの講演で、「財政政策による支援を性急に引き揚げれば、リセッション(景気後退)の力学を根付かせ、雇用や支出を抑制するリスクをもたらす」と述べた。ブレイナード氏を巡っては、民主党大統領候補のバイデン前副大統領が政権を担うことになった場合に財務長官に指名される可能性があるとの見方が広がっている。

  理事は「ウイルスそのものを巡る今後の状況を除けば、私自身の見通しへの最も顕著な下振れリスクは財政面での追加支援が実現しないことだ」と語った。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)の次回会合は、米選挙直後の11月4、5両日に開かれる。

原題:Brainard Says Failing to Provide More Fiscal Aid Is a Key Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE